The New York Times

I’ve never really thought of a font like paleography because it only makes me feel an ancient history deeply, and I’ve only seen it in traditions.

However, when I saw this logo in the cutting metallic material sign installed on an entrance of the modern building , I realized the beauty of design in the type face.Then as I closely looked at the logo in the paper & website, I felt this was carefully refined into details that has its modern sophistication.

Even if paper made “news paper” disappears in the future, I believe the logo will still be existed and continue to be refined by generations.


古文書の様な書体について今まで考えたことがなかったのは、歴史があまりにも重く感じられるからで、ただ伝統がそのスペースに納まっているとしか見たことがありませんでした。
でもこの現代的なビルの入り口に取り付けられた、切り出しの金属サインを見たとき、とても綺麗なデザインだと気がつきました。

あらためて新聞やウェブを見てもその細部にまで注意深く整理されたデザインには、現代の洗練差がありました。

紙の新聞がなくなる日が来ても、きっとこのロゴは少しづつ時代に磨かれて未来に続いて行くことでしょう。

Comments are closed.